動作OS

7 / Vista / XP / 2008 / 2003
32 bit and 64 bit System


フィードバップ

Windows7は使って間もないころ、動作が重く感じていました。高速化させたくて、レジストリクリーナーを導入してみました。嘘のように、Windows7の動作は速くなってきました。開発者に感謝したいです。

-宮本 愛知県

 

Windows7 高速化できるだけではなく、レジストリクリーナーはたくさんのパソコントラブルを解決してくれました。機能が多くてホントに助かりました。

-寺沢 沖縄

 

Windows 7 高速化の方法を色々試してみましたが。手動と比べて、やはりレジストリクリーナーを使ったほうがより安全にWindowsを高速化できると思います。

-白石 福井

アワード

 

 

 

Windows7 高速化

「Windows7にアップデータしましたが、パソコン動作の重さが気になって仕方がありません。」、「Windows7は使い始めたばかりで、メンテナンス方法はよく分かりません」などの状況に悩んでいますか。これからWindows7はなぜ重くなるのか、Windows7 高速化するにはどうすればいいかについて分かりやすく解説します。

 

Windows7が重くなる原因と対処法

CPU使用率が高い

 

タスクマネージャを開いて、CPUの使用率を確認します。何もアプリケーションを実行していないのに、使用率が上がったり下がったりすると、「プロセス」のタブをクリックして、メモリを消費する裏で働いている不要プログラムやwindowsサービスなどを終了すればCPU使用率を下げることが出来ます。



導入されたプログラムが多い

 

いくらVista の後に開発されたこのWindows7は性能高いと好評されているからって、プログラムを片っ端から導入してはだめです。どんな優れたOSでも、そうされると、確実に動作が重くなって、高速化するのに邪魔します。コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」をクリックして表示されるインストール済みのプログラム一覧から使わないプログラムを削除しましょう。それで、同時にドライブCの空き容量も増やせます。


ドライブ最適化と軽量化

 

ファイル書き込みと移動などの操作を頻繁に行うと、ディスクは断片化しやすくてパソコン処理を影響するので、定期的のデフラグメーションが必要とされます。 また、Cドライブの空き容量もWindows7の動作に直接に関わっています。Cドライブの空き容量は30%を下回っていると、パソコンパフォーマンスが低下になります。だから、win7 高速化作業にはCドライブ 容量不足の解消も欠かせません。

 

Windows7 高速化する効率的な解決法

前述のように、原因を一つ一つ確認してそれなりに対応するのもいいですけど、レジストリクリーナーを使えば、一本だけで以上の問題を全部解決できます。「アンインストールの管理」で、インストールされたプログラムをレジストリエントリーごとにきれいに削除することができるし、「サービスの最適化」で不要なwindowsサービスを終了することができます。また、「メモリの最適化」項目をクリックすると、メモリ利用率を簡単にチェックすることが出来て、開放したり最適化することが出来ます。


重々しいwindows7を使っているあなた、早速レジストリクリーナーでwindows7 高速化する効果を無料体験しましょう!