動作OS

7 / Vista / XP / 2008 / 2003
32 bit and 64 bit System


フィードバック

ソフト実行するたび、ランタイムエラーが連発したのに驚いた。友人と相談したあと、原因はレジストリ故障にあると知らされた。レジストリクリーナーのRegistry Cleanerというソフトを推薦してくれた。このソフトを実行して、加速にスキャンと修復することが行われた。すると、パソコン作動が確かに早くなった。それに、エラーも表示されなかった。
-佐々木 鳥取


レジストリクリーナーを使うまで、パソコンにたくさんのエラーが存在することが知らなかった。いつもWindowsエラーに困っていたが、今度こそ、原因が分かった。このレジストリクリーナーに感謝する!エラーを全部検出し、解決してくれた。
-井上 新潟


パソコン作動が随分不安定で、いろいろエラーがよく表示された。対処法を探す時、レジストリクリーナーのRegistry Cleanerという使いやすいソフトを見つけて、素早く問題を解決した。今、パソコンが新品のように稼動できる。
-松本 静岡

 

アワード

 

 

ランタイムエラー

Windowsシステムにおけるランタイムエラーに悩んでいますか。パソコン 動作 重いや、起動、またシャットダウンするには時間がかかりすぎるなどで、お困りますか?

例え新たのパソコンに買い替えましたけど、同じ状態に落ってしまうことになります(作動遅いと多数なエラー)。でも、こういうのはよくあるトラブルで一一落ち込む必要がありません。


これからは、エラー発生されるの原因と対策法を説明しますので、お楽にパソコン高速化をしますように!

ランタイムエラーとは?

Windowsでよく発生するエラーの一種であります。
パソコンにアプリケーションが起動すると、runtime エラーが発生することがあります。プログラムの実行中によく発生します。つまり、ソフトウエアの実行することで、実行時エラーの発生を避けられないのです。

runtime エラーの原因は?

パソコンのプログラムがだんだん複雑で重くなって、PC システムにRAM不足となります。RAMの量が実行するプログラムに不足する場合、パソコンにエラーを表示されます。一般的にランタイムエラーの原因はレジストリエラーに関わります。
レジストリ故障することで、Windowsにエラーが発生します。日々益々レジストリに記憶されたデータが肥大化するとともに、エラーが連発することになります。

run timeエラー修復


まず、必要とするのはレジストリクリーナーみたいにRAMを管理できるソフトウエアを使って、RAM量を上げさせ、プログラムの実行を順調にさせられることです。


たくさんのユーザーがレジストリの重要性が忘れてしまいます。とすれば、runtime エラーが発生する時にはレジストリクリーナーに助けられ、如何なるエラーを解決することが楽にできます。

 

エラー修復を行わない場合、runtime エラーとか、Windows エラーとか、パソコン不調とか、起動とシャトダウンのスピードが遅すぎるとか、破損したレジストリエントリーとか、レジストリのフラグメンテーション(断片化)とか、フリーズとクラッシュなどのトラブルが頻発となって、パソコン作動がだんだん遅くなっていく恐れがあります。


ティップ:
レジストリのお掃除はパソコンヘルシーのためになり、Windowsランタイムエラーを防止できる最も良い方法であります。