動作OS

7 / Vista / XP / 2008 / 2003
32 bit and 64 bit System


フィードバック

いろんなソフトを使用したところ、やっぱりこのレジストリクリーナーが最高だった。さすがパソコン専門ソフトだ。うちのパソコンはこのソフトを使ってからずいぶん早くなった。パソコン重いなんてわたしにはかかってないのだ。
-西田 東京

 

昔おれのパソコンはとても遅かった。友人にレジストリクリーナーを推薦され、使ってみたら、なかなか効果があった。パソコン起動は前より1分間ほど短くなった。今おれも周辺の人にこのソフトを推薦した。
-川崎 広島

 

ずっとPC 遅い問題に悩んでいた。同僚にパソコン達人が一人もいないし、毎日この遅いパソコンを使って、気分も悪くなった。このレジストリクリーナーのかげで、パソコンが別人になったみたいで、ずいぶん早くなった。
-秋山 秋田

アワード

 

 

 

パソコン 遅い

時々友達がパソコンがまた遅くなった、起動 遅いとかという文句を言って、改善のアドバイスを尋ねてきます。パソコン 遅いのには多方面の原因があります。片方の解決だけでは済まないもので、定期的にパソコンをメンテナンスすべきです。

パソコン 遅い問題が発生する原因

1、 常駐プログラムが多い
常駐プログラムとはパソコンと一緒立ち上がって常にスタンバイの状態になっているものです。メッセンジャーやセキュリティソフトなど代表的な常駐プログラムがたくさん起動するようなら、Windows起動が遅くなり、パソコン 遅いことになります。普通、常駐プログラムは右下のタスクトレイで確認できますが、隠れている常駐ソフトの確認も簡単です。私は普段レジストリクリーナーを使っています。スタートアップを簡単に管理できます。常駐プログラムを一覧にしてから、不要プログラムを好きに外せばOKです。


2、 キャッシュファイルやパソコンゴミが溜まり過ぎ

一般には誰もこのキャッシュに気づかないようです。キャッシュとはブラウザがページを見る同時にそのページにあるデータを一つのフォルダにダウンロードして保存することです。オンライン動画などを見ると大量なキャッシュを作成されます。
デスクトップで、Internet Explorerブラウザを開く、メニューの「ツール」-「インターネットオプション」ウィンドウの「全般」タブの中に「インターネット一時ファイル」-「ファイルの削除」で削除できます。


また専門ソフトを使えば簡単に不要なアイテムを掃除できて、PC 遅い状態を改善することができます。



3、 メモリ不足

古いパソコンを買い替えあるいは、メモリ増設で解決できるのですが、実はメモリ不足になるのはただ物理メモリ不足が原因になるだけではなく、そのメモリにある断片化問題と仮想メモリ不足にもつながります。PC 遅い状況を改善するにはメモリ最適化する必要があります。

スタート」-「コントロールパネル」-「システム」―「システムのプロパティ」の順で「パフォーマンス」タブにたどり着いて選択し、「詳細設定」の項の「仮想メモリ」を選択してから、仮想メモリのサイズを設定することができます。だが、どの程度設定すればいいかわからない場合、専門ソフトに任すのが良いでしょう。僅か数クリックするだけで、素人でも仮想メモリを最適化できます。


4、 レジストリ肥大化

パソコンを長く使うと、レジストリは肥大化してエラーがついに発生するんです。そして、パソコンが遅い原因はたいていレジストリの故障にありますが、パソコンがわからない人にはレジストリを操作するのはあまり勧めません。専門ソフトに任せるといいと思われます。


いろんな経験によって、もっと簡単にパソコンに手入れをしたければ、やはり専門ソフトは一番です。では私の使ったソフトを推薦させていただきます。

レジストリクリーナーはWindows性能を改善し、パソコン 遅い状態に対策できるツールです。簡単に常駐ソフトを管理することができるほか、不要なプログラムを徹底的に外せます。そして、パソコンのキャッシュや不要なアイテムの削除は簡単に「Delete」ボタンを押すだけでいいんです。メモリや仮想メモリの最適化にもワンクリックでOKですが、レジストリ掃除やエラー修復こそこのソフトの主な機能です。

早速レジストリクリーナーを使ってみて、パソコンのパフォーマンスを向上させましょう。